TOPICS

【症例3】 ベビーマッサージ

【症例3】 ベビーマッサージ
母親 SK様 30代前半 看護師
子  3ヶ月 男児

*名前を含むパーソナルデータは元のデータを修正してあります

第1子となる男児。子育てにストレスは感じていない。子どもに愛情も感じている。
ただ、母乳を与えることに嫌悪感を感じてしまうため、母乳哺育は行っていない。
自分が母親失格なのではないかと悩んでいる。


 

レッスン中の様子
終始、楽しんで取り組んでいる。
やさしく話しかけたり、笑いかけたりしながら行っていた。
また、マッサージをすることで子だけでなく、母親自身も心地よさを実感した様子。

セラピスト感想
すべての母親が「母乳を与えることで子への愛着が増す」わけではなく、
小俣様のようにその行為に嫌悪を感じてしまう方もいる。
そして、嫌悪してしまう自分を責めてしまう傾向にある。
このような方には、まさにベビーマッサージによる「肌と肌のふれ合い」は、
母子双方にとって重要な意味を持つと感じた。

ページ上部へ戻る