TOPICS

【新講座】妊娠中の便秘、食物繊維を摂ればよくなりますか?

【新講座】プロフェッショナル・アドバイス講座
〜ちょっと待って!そのアドバイスは”本当”ですか?〜

★詳細はこちら

妊娠・出産・産後にまつわる情報は、今やネットや雑誌などに、あふれかえっています。
しかし中には、デマやニセ科学もたくさんあり、不安を抱えた妊婦さんは、そんな情報に一喜一憂して振り回されています。

セラピスト・ボディワーカー、ベビーマッサージインストラクターなど、マタニティケアをしているプロフェッショナルな方向けに、学生指導にも携わっていた助産師を講師に、専門的な知識を学び、マタニティケアがより確かなものになるアドバイスができるようになる新講座を開講します。

ちなみに、妊娠中の便秘は一般の方同様、規則正しい生活、水分、食事、適度な運動が基本的対応になります。
コクランレビューに、妊婦が2週間、1日10g(※厚生省の摂取目標量は成人女性で18g)の食物繊維の摂取で、便通頻度が増加したという、メタアナリシスの検証結果があります。(Jewell D,2001 Apr)
食物繊維には、水溶性(納豆、海藻など)と不溶性(根菜類、きのこなど)があり、どちらもバランス良く摂取することが大切ですが、過剰摂取で、膨満感や腹痛を引き起こすこともあるので、その場合は摂取量を控えるようにします。(妊産婦・授乳婦の疑問92/NKDより)

根拠に基づいたアドバイスとしては、「水分を十分に摂り、適度な有酸素運動(切迫の方は除く)をして、睡眠時間などの生活習慣を見直した上で、2種類の食物繊維をバランス良く摂ることがよい」ということになります。

妊娠中の便秘については、適切な食事、運動のアドバイスを講座の中で、より具体的にお伝えします。

《講座名》
プロフェッショナル・アドバイス講座
★詳細はこちら

《受講料》
6000円(税込)・・スクール受講生
7000円(税込)・・受講生以外

《日時》
2017年5月18日(木)
13;00 − 16;00

《講師》
新明いずみ

 

ページ上部へ戻る