TOPICS

妊娠中に腹横筋を安全に簡単に鍛える方法

PTの方向けのウィメンズヘルスケアセミナーに参加した際の情報をシェアします。

腰痛のある妊婦さんへ、簡単なホームケアアドバイスに使えると思います。

体幹を安定させるインナーユニット4つの筋肉の中の「腹横筋」。腹部から腰部までぐるりと囲む「天然のコルセット」と言われる筋です。

妊娠すると、腹部が大きくなるために、この筋肉も伸ばされて薄くなりますが、姿勢保持の筋肉でもあるので、腰痛・背部痛の原因にもなります。また腹部内臓を圧迫する働きもあるので、分娩時の娩出力にも重要な役割を担う筋肉です。ペラペラな状態ではなく、ぜひ鍛えておきたい。

そこで妊娠中でも、安全にできる腹横筋のエクササイズとして、

4459406f2c957e0299fad3a537b4aef7_s.jpg

「吹き戻し」や「シャボン玉」をおススメされていました。

『あ・い・う・え・お』の発声のうち、『う』『お』の円唇母音の発声時に腹横筋の肥厚化が見られたそうで、吹き戻しやシャボン玉での呼気は、まさにうってつけ。

特に上にお兄ちゃん、お姉ちゃんがいる方は、お子さんと遊びながらのエクササイズになりますね。

他にも、片栗粉などで解いてとろみのある水をストローでブクブク吹く方法もありました。

今回、発表された先生の論文はこちらでも見ることができます。
→ 発声と腹横筋機能の関連性(リンク)

(これは2017/10に書いたものに加筆修正しました)

コラムの一覧はこちら

ページ上部へ戻る