コラム

  1. 早産をアロマトリートメントで予防できるか?

    Cochrane レビュー からのシェアです。原題は、"Relaxation therapy for preventing and treating preterm labour(早産の予防と治療のためのリラクゼーションセラピー)" 。

  2. 不育症の方へのマタニティトリートメント

    妊娠はするけれど、お腹の中で赤ちゃんが育たなくて流産・死産を繰り返してしまう方がいます。そのような状態を「不育症」と言います。

  3. 秋冬生まれの赤ちゃんは、特に保湿を念入りに

    東京の冬は、冷たく乾いた空気が続きます。「秋冬生まれの子はアトピー性皮膚炎や食物アレルギー発症のリスクが高い」ということは以前より言われています。

  4. 母乳の中に精油はどのぐらい入っていくのか?を考察

    乳腺炎のお話に加えて・・「授乳中にアロマトリートメントをすると、母乳の中に精油が入ってしまうのでは?」とてもよく伺う質問です。母乳の源は血液なので、心配になるものとうぜんなこと。果たして、トリートメントで精油は赤ちゃんに影響するほど母乳の中に入るのでしょうか。

  5. 乳腺炎予防のためにセラピストができること

    先日、産後アロマトリートメント講座で「乳腺炎」のお話になりました。受講生6人中、なんと3人が乳腺炎になった経験があるとのこと。皆さんに発症までの経緯をうかがうと、「おもちを食べたから」「ケーキを食べたから」と、一様に食べ物が誘因して発症したとおっしゃっていました。

  6. アロマで妊産婦さんのストレス軽減

    かなり前ですが、アロマテラピー学会誌に掲載されていた研究発表をシェアします。

  7. 妊娠中、おへそが右にずれる!

    妊娠中、体の真ん中にあるおヘソが「右」に、ずれてくる妊婦さんがいます。「私の体、歪んでいる!」と、心配する方もいますが、むしろ自然なこと。腹腔内の左にある、「S状結腸」に押されて、大きくなった子宮は右寄りになっていきます。

  8. 妊婦の冷え性

    妊娠すると、複合的な理由で下半身が冷えやすい状態にあります。

  9. 産後の骨盤は分娩方法も考える

    産後の体、特に骨盤を語るには、分娩方法も大きく関わってきます。通常、分娩方法といえば、「自然分娩」「計画分娩」「無痛分娩」「帝王切開」などを思い浮かべますが、ここでいう「分娩方法」とは、分娩2期の「娩出=赤ちゃんをいきんで出す時」を指します。

  10. 光毒性のある精油のリスクマネージメント

    妊婦さんに好まれる精油のひとつ、柑橘系。以前、産婦人科の待合室でアンケートを取ったことがあります。0(苦手)・・・10(大好き)無作為にお声がけした妊婦さんにレイティングしていただいたのですが、柑橘系のいずれの精油も平均値が9以上となりました(n=55)。

ページ上部へ戻る