認定マタニティケアセラピスト

MTS認定マタニティケアセラピスト

 

9217e9c000ed322011c34c8ff41a0c7f_s

マタニティアロマトリートメント講座受講後、積極的に反復学習をおこない、妊娠中のクライアントの心と体の状態を理解し、安全を重んじて滑らかにマタニティトリートメント手技ができるようになったセラピストは、スクール認定試験の受験資格を得られます。
認定試験は筆記と実技があり、スクールの定めた基準以上の実力を認められたセラピストには、認定証を授与し、スクールホームページなどでご紹介します。

◆ 認定試験に関するQ&Aはこちら >> Q&A

 

♦ 認定までの流れ

① マタニティアロマトリートメント講座受講

 

② 各自、自主的に反復練習

自主的に理論の復習、実技の練習を繰り返し、マタニティトリートメントの知識と技術向上を目指してください。
スクールとしては下記のフォローアップ講座でサポートします。

③ 認定試験受験
  • 実技試験、筆記試験を受験
④ Maternity Therapist School認定マタニティケアセラピスト
  • 認定証を授与し、ホームページなどでご紹介

 

♦ 認定試験内容

筆記 / 無料

各自、在宅にて試験を受けてください。
妊婦の病理、胎児の変化、禁忌症状の見極め方、倫理観など、マタニティケアをおこなう上で必要なことを多岐にわたり問うていきます。
オープンブック形式とし、すべて記述式で、100%正解のみ合格です。合格するまで何度でもチャレンジしてください。

実技 / 1回10,000円

手技の滑らかさ、手の密着感、リズム感、圧のポイントや強弱など、安全で有効的で、そしてオイルトリートメントの心地よさをたいせつにおこなうことができているか、数値化して総合的に判断します。受験ごとに検定料が発生しますので、慎重に日程を選んでください。

実技試験の受験方法は2通りあります。
◊グループ会場(担当:原田)
年に2回行われるスクール主催の試験日に受験する。

2018年2月21日(水)開催
・午前の部(10:00 開始) 
・午後の部(14:00 開始)
1)モデルを受験者が手配する(2時間)
2)他の受験者との相モデルで行う(4時間)
上記どちらかの受講方法をお選びください。

◊プライベート会場(担当:神山)
受験者と講師の都合のよい日時を予約して受験する。会場は講師サロン(横浜・新子安)。

 

♦ 申し込み方法

  1. メールにて問い合わせ
    ・件名「認定試験希望」
    ・実技試験の受験方法記入
    ・グループ会場の場合、モデル手配の有無
  2. 実技試験日の決定
    ・プライベート会場→担当講師と日程調整
    ・グループ会場→午前・午後どちらか、モデルの有無をお知らせください
  3. 受験料のお振込
  4. 筆記試験問題をメールで送付
    ・筆記試験の提出は、実技試験の前/後どちらでも可
  5. 受験後、試験結果をメール連絡
    ・筆記試験は全問記述式のため、結果が出るまで1ヶ月程かかります。
ページ上部へ戻る