【コラム】マタニティトリートメントでは”土踏まず”も!

「妊婦さんの60-70%が、足のアーチがなくなる=扁平足になる」

という研究結果があります。
かなり多い数ですよね。

そしてそれは一時的なものではなく、将来的にもずっと続いてしまうかも、、とも言われています。(Segal,2013)

特に初産、はじめての妊娠のときに、扁平足になってしまうケースが多いらしい。

扁平足になってしまう原因としては、

  1. 体重の増加
  2. ホルモンによる靭帯のゆるみ
  3. 筋力の低下
  4. 靴のサイズが小さい

など、いろいろと挙げられますので、まずそのあたりの見直しをします(2は見直しようがないですけど..)

扁平足になってしまうと、足裏で衝撃を吸収することができなくなり、足のむくみやだるさ、そして膝痛や腰痛、肩こりなど全身の不調につながってくるので、できるだけ頑張っておおごとにならないようにしたい。(予防)

足のアーチを作るための、ご自宅での簡単な運動があるので、トリートメント後の足が温まっている時に練習してみてください。

———————
● 足のぐーぱー体操

  1. 足の指をぐーにして足関節をバレリーナのようにまっすぐ伸ばす(底屈)
  2. 指をぱーにして足関節を下駄足のように持ち上げる(背屈)

を繰り返します。
———————

では、マタニティトリートメントでできることは??

———————

  • 土踏まずのマッサージ
  • 足指にセラピストの指をはさんで足関節をぐるぐる回す手技(伝わるかな..)

などがあります。
———————

ただ、お腹が大きくなると足の洗浄がご自分では難しくなるので、指又や爪の周りなど、セラピストの感染予防のためにもトリートメント前に足の清拭をしっかりとおこなうか、足浴(足湯)をしたりします。

足浴は妊婦さんにもお勧めではあるのですが、実は気をつけた方がよいポイントがあります!
それはまた次回に!!

● 参考文献
Pregnancy Leads to Lasting Changes in Foot Structure
American Journal of Physical Medicine & Rehabilitation: March 2013 – Volume 92 – Issue 3 – p 232-240