マタニティトリートメント前後のルイボスティー?!

なかなか、このページの更新をせずに反省しきりの今日この頃…ですが、私のことはさて置いとき、、、

トリートメント前後にクライアントに「ルイボスティー」をお出しする方もいらっしゃると思います。
以前は、ノンカフェインで妊婦さんにもオススメとされていたのですが、実は近年はあまり推奨されない飲み物になっています。


●理由
ルイボスを「大量に」摂取した妊婦さんの赤ちゃんが心不全(胎児動脈管早期収縮)になる事例がでてきた
ルイボスに含まれるポリフェノールが原因

◎参考
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
https://hfnet.nibiohn.go.jp
(こちらのサイトはリンクNGなため、気になる方は「ルイボス」でサイト内検索して「安全性」をチェックしてください)

◎さらに詳細な参考
Prenatal effects of maternal consumption of polyphenol-rich foods in late pregnancy upon fetal ductus arteriosus
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24339037/


「大量に」の線引きは難しいのですが、いずれの例も妊娠中期/後期から毎日500mlのルイボスティを飲んでいたようなので、その辺りが大量ラインといえるのではないでしょうか。

サロンで1杯お出ししたから、すぐに赤ちゃんに影響するとは思えませんが、逆にあえてどうしても出す必要性もないので、他のハーブティーを選択した方が良さそうです。

ポリフェノールが原因なので、ココアやチョコの「大量」摂取も避けた方が良いですね、特に後期は。

同様に、妊娠中の鉄分補給に勧められていたプルーン。
これも、近年は避けた方が良い食べ物と言われています。

こちらは、『32週から1日に4-5個』摂取していた妊婦さんの赤ちゃんが同じく心不全となった事例がありました。でも、そのぐらいの量なら食べている妊婦さんもけっこういそう。。

まぁ、本当に当たり前のことではありますが、いろいろなものをちょっとずつ、バランスよく、が妊娠中の食事の大原則となります。