山崎愛美先生


山崎 愛美(やまざきかなみ)先生


山崎先生は、日本では珍しい産婦人科に勤務される理学療法士さんで、産前産後のお母さんの身体のスペシャリストです。

 
でも「理学療法士」ってあまり馴染のない職種ですよね。

「理学療法士及び作業療法士法」第2条には「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。(公益社団法人理学療法士協会HPより引用)

ざっくり言うと、リハビリの先生です。

 
通常、リハビリというと整形外科で交通事故やお年寄りの機能回復をサポートする科、、というイメージで、産婦人科ではあまり聞いたことがありません。実際に、理学療法士の教育課程にも産前産後のカリキュラムは含まれていないとのこと。
 
でも山崎先生は、ご自身の妊娠を経験して、産前産後のトラブルにリハビリの必要性を痛感。
以来、その普及活動を精力的におこなう産前産後リハの第一人者で、理学療法士研修会や助産師学会での講師、助産雑誌やたまごクラブなどの監修でも引っ張りだこです。

 
そんな山崎先生から、医学的な知識に基づく産前産後の身体を学ぶことができます。
 
また、山崎先生ご自身でもセラピスト向けに、さらに深い知識(実技は含まれません)を学ぶ講座もされているので、スクールの動画を見て、興味を持たれた方はこちらもチェックしてください。本当に妊産婦ケアをしたいセラピストさんにはオススメな講義で、私も学ばせていただいています!

 

 
山崎 愛美
理学療法士・呼吸療法認定士

産前産後ママのトラブルを医学的に解決すべく、日本では珍しい産婦人科でリハビリ外来を担当しながら、産前産後のリハビリテーションの普及活動をしている

産後リハビリテーション研究会代表(会員820名)
Women’s Body Labo 代表

ブログ
https://ameblo.jp/nyonyan/

 


 

<担当講座>
妊娠中の姿勢の変化・・マタニティアロマトリートメント講座受講者対象動画
産後の骨盤ベルト・・産後トータルバランスセラピー講座受講者対象動画
 
① 産後のお母さんたちにおこりやすい身体のトラブルの例。尿漏れや痔など内部障害と呼ばれる問題も見られます。経膣分娩の場合は骨盤周りが影響を受けやすく、それに伴った問題も多く見られます。

 
② では、産後の骨盤を見ていきましょう。骨盤の関節や筋肉に大きな影響が出て、”骨盤輪”が不安定な状態になることがあります。”骨盤輪”を安定させるためには、、

 
③ 産後の骨盤ベルトは必ずしも必要なわけではない。必要な方をチェックする方法、そしてクライアントの状態にあった付け方も教えていただけます。これは、産後トリートメントの相乗効果を狙えますね。